ホーム > スタッフ募集

福岡市博多駅前の整体マサキカイロプラクティックグループでは、スタッフを募集しています。天神大名店やけやき通り店も募集中。くわしくはお問い合わせください。


腰痛や肩こりを解消、改善できる整体師になりませんか?


本当に入社して良かったなぁと思っています。(篠原先生 36歳)

shinohara 私がマサキカイロに入社した動機は、「手に職を持ちたい」「患者さんが治っていく喜びを一緒に分かち合いたい」「サラリーマンでは味わえない収入を得たい」等の理由でした。
 私はカイロの学校に通っていなかったので、右も左もわからず大きな不安を抱え、この治療院は患者さんが多いのか?少ないのか?とか、入社してもカイロの世界に無知な私に院長や他の先生方が親切に指導してもらえるのか…等、思っていました。

 ですが、入社してみると実際に患者さんが多く、カイロのことを何も知らない私は、院長をはじめ他の先生方から詳しく丁寧に、そして親切にカイロについて教えていただきました。
接客や技術面なども教えてもらった甲斐があって、不安だらけだった私が徐々に自信が持てるようになりました。

 現在は、患者さんをほぐさせてもらっていますが、ほぐした後に患者さんから「楽になった~ありがとう」という言葉が嬉しくて仕方ありません。
この喜びを味わえたのは、自分が働くこの職場が、丁寧で親切に教えてくれた院長や、先生方ばかりだったおかげです。

 本当に入社してよかったなぁと思っています。
理由は何でもいいと思います。一緒に頑張りましょう。

本当のカイロプラクティックの技術と知識を…(坂本先生 24歳)

sakamoto 本当のカイロプラクティックの技術と知識を身につける為、当治療院を希望しました。
カイロプラクティックの看板をあげるのは、正直誰でも可能です。なので、そこにはこだわったのです。
 求人やホームページを見て、すぐに面接に行くのではなく、まず自分が患者として行き、患者の目でこの治療院を見てみました。

 そしてこの技術は学びたいと思い、それから面接に行き、働かせてもらう事になりました。グループも当時4店舗あり(2010年現在5店舗)、同じ目標を持っている仲間もいて勉強も練習もできる環境にあり、毎日がすごく充実しています。

 技術・知識だけではなく、患者さんと常に接している為、人付き合いやコミュニケーションの取り方も勉強になり、将来的に役に立つ事ばかりです。

 23歳の時に入って1年ぐらい経つのですが、ここで働かせてもらって社会人としての自覚が芽生えた感じがします。

ここで学んだ事を、多くの人に伝えたい…(森川先生 41歳)

morikawa マサキカイロで学んで早5年…
 卓越した技術と、驚異の臨床例。尽きること無い向上心を目の当たりに見て「なんだここは!」と驚きの連続だったのが、昨日のことのようです。
 数多くのスタッフが、独立。または、開業され僕もまた…。来年、開業する夢を現実のものとすることが出来るのは、院長先生!そして、多くの仲間がいたからこそ!

 熊本と博多の片道2時間、往復4時間の道のりを毎日通うことが出来たのも夢があったから…仲間がいたから…夢を現実に出来る場所があったからです。

 この場所で、多くの人と出会い…カイロプラクティックだけでなく、「日々感謝の心を持つ」人間として成長できたことは、これからの人生においても「最高の財産」です。
 ここで学んだ事を、多くの人に伝えたい…また、多くの人に、ここで学んでもらいたいと思います。

こんな環境で勉強できる所は他に絶対ない…(塚原先生 20歳)

tsukahara 今年マサキカイロに入社したばかりですが、患者さんのほぐしや問診などをやらせてもらっています。自分は、カイロプラクティックという言葉は聞いた事はありましたが、実際にどの様な事をするか知りませんでした。
 初めは、右も左も分からないゼロからのスタートでした。
ゼロからのスタートでも、スタッフの方々の分かりやすい指導をしてもらい、患者さんをほぐせるようになりました。
 失敗も多く色々な迷惑をかけながらしていますが、スタッフの方々には、しっかりとサポートされ、そして、なぜ出来なかったのかを教えていただきました。

 スタッフの方々は、明るく面白く笑いのある人たちなので仕事をする環境も良く、充実した、仕事場だと思います。おかげでスタッフ皆が行く飲み会もすごく盛り上がります。

 患者さんをほぐすようになってから、毎日が楽しく、特に患者さんからかけてもらう言葉で気持ち良く感じました。

 「ほぐされて全然違います」といわれるととても嬉しく、この仕事をしていて良かったと思います。それに、知人・友人家族の人たちからも身体の不調などで頼りにしてもらえます。
 マサキカイロでは、最高の技術・知識を学べ、日々の意識の高いスタッフと仕事が出来ます。人に感動を与えられる仕事は中々ないと思います。

 だけどここでは実際に今まで悩んでいた身体の不調が治ったりして、患者さんの「凄い」の言葉も何回も聞いています。
 こんな環境で勉強できる所は他に絶対ないと思います。入社してマサキカイロで仕事ができて本当に良かったと思っています。

患者数が他の治療院に比べ非常に多い為…(高橋先生 23歳)

takahashi 自分は、正直言ってほとんど知識がない状態でここに入社しました。
 専門学校に入ってすぐ、実際の現場を学ぼうと思いバイトとして入ったものの、そもそも仕事という物のイロハが何も分かっていない状態だったのです。
 しかし、そのおかげで、非常に良い勉強が出来ました。身体・治療に関する知識はもちろん、技術の指導、そして治療院の流れ。
 これは後から気づいたことなんですが、患者数が他の治療院に比べ非常に多い為見ることが出来たたくさんの症例等々。自分が学んだ知識を繰り返し話せる機会も多いので、さらに自分の知識を蓄えられましたね。

 曜日を決めてのスタッフの練習会、土曜日にはセミナーや勉強会、更には院全体での飲み会などとても活気のあるグループなので、とても居心地の良いグループですよ。

自分自身が成長していける職場だと…(林先生 32歳)

hayashi 何よりもまず、自分が成長していける職場だと感じています。
 以前はスポーツクラブでインストラクターをしておりましたので、接客にもある程度の自信がありました。もちろん、体や健康に関する知識、経験もそれなりに持っていると思っていました。
 ここに来て、それらが一切通用しない、というのではなく、それらをより一層深めることができていると実感しているのです。治療に関しては、常に勉強をしないといけないものです。

 ここでは、多くの臨床を毎日、目の当たりにできるので、学んだことが机上の空論で終わらずに、自分のものにしていける現場があります。

 患者さんに対して、今自分が何をしてあげられるのか。常に考え、行動することで得られる達成感、充実感、そして患者さんの笑顔がそこにはあります。それだけではなく、接客のこと、仕事のこと、夢のこと、人生のこと、治療院で起こる全てのことを通して、生きるための基本となる考え方を学んでいるように思います。

 治療技術はまだまだ未熟なので、もっともっと練習して、勉強して、早く一人前になりたいと思います。しかし、それだけではなく、人として、いち社会人として、もっともっと成長していける治療院だと思っていますので、より深い人間になって、多くの方のために、貢献できる治療家目指して、精進していきたいと思います。

自分自身を成長させるあらゆる面を学べている(福井先生 38歳)

fukui 私が経験を積む為に、治療院を探していた時は治療院の雰囲気、治療技術、そしてまずカイロプラクティック治療をやっているか等をチェックした様に思います。
 先々は独立開業を目指していたのでやはりどんな先生のもとで勉強していくかでかなり慎重になっていたのを覚えています。 今思い出すとこのチェックもかなりゆるいものですけど…。

 初めて溝口院長に会ったのは面接の時でしたが、そのエネルギーというか力強い勢いとかなり感じました。
 その日に矯正も受けたのですが、随分と簡単に的確に調子を整えてもらい「すごいな。」と驚かされました。

 それから自分(溝口院長)の考え、これから先何を目指しているのかの将来像を熱く語られましたね。 独立開業も分院長になるのも、覚悟とやる気があれば、プラスになるように、応援してくれてます。 ゆるいチェックだったと言ったのは、ここに勤めて色々な方面の多くのことを学んでいるからです。 それもどんどん広く深くなっています。

 最初は技術ばかりを見る偏った考えでした。
 それで成功すると思っていました。
確かに技術は絶対的に必要ですし、治療院でも練習会、勉強会は頻繁に行なっています。 院長からの提案で行うものもあれば、自分達でボランティアとして治療に出向きたいと言えば、応援してくれもします。

 誰かが良いセミナーで学んで来れば、その事を課題として皆で学ぶこともあります。
 日々の勉強、練習から患者さんの求める事に出来る限り応えられる様に技術力、知識を高める。 以前はこの技術があるのは当然の事で、それ+α(プラスアルファ)がないとずっとこの素晴らしい仕事も続けていく事が出来ないという事です。
 治療院も今やサービス業の要素を取り入れる事は当然ですし、さらに、心のもてなしというホスピタリティについても皆で勉強し実践できるように努めています。

 前文で治療院の雰囲気と書きましたが、それはその治療院の経営方針の表れでもあります。 自分の目標とする事を明確にし、それを計画立てて実行していく、うまく実行させるにはどうするかを考え、考え、常に考え続ける。

 これらの事は学んで来た事の一部に過ぎませんが、他では気付けなかった、気付くのに時間がかかった事だと思います。
 治療院での患者さんとのコミュニケーション、社会でのコミュニケーション、治療での目標から、自分の人生の目標と、自分自身を成長させるあらゆる面を今学べていると感じています。

「自分もこんな環境で仕事ができたら…」(長野先生 31歳)

nagano 私が、カイロプラクティックに入ったきっかけは、友人の披露宴に行った時でした。
 友人は、理学療法士でいろんな人たちを治していることを聞き「自分も人のためになる仕事がしたい。」 と思いカイロプラクティックの道に入りました。
 マサキカイロとの出会いは、当時私が通っていたカイロの学校のインターン場所として指定されていたのがマサキカイロでした。 インターンでお世話になっているころ、マサキカイロで働いているスタッフの方達みんなイキイキ仕事をしていて、 患者さんのために一生懸命に治療している姿を見て「自分もこんな環境で仕事ができたら…」と思っていたところ、 溝口院長から声を掛けてもらい晴れてマサキカイロの一員になることに。

 学校を出たものの最初は、ほぐしもまともにできないぐらいでしたが先輩スタッフや院長がしっかり基礎から教えてくれました。
 カイロプラクティックは、奥が深いのでそんなに簡単に身に付くものじゃなく日々勉強でした。 分からないことがあれば、先輩スタッフに聞けば丁寧に教えてくれました。

 マサキカイロに入って5年経ちますが、今では分院の院長をさせてもらってます。

 マサキカイロでは、頑張れば頑張るほど…技術が上がれば上がるほどステップアップできる環境です。

 そして、患者さんが喜んでいる姿を沢山見れるやりがいある仕事です。

これからも、一人でも多くの患者さんに喜んで貰えるようスタッフみんなで、頑張っていきたいですね。

働きながら本物の技術を習得できる…(石川先生 28歳)

ishikawa 働きながら本物の技術を習得できる点が一番の魅力です。
中でも週末の勉強会では他の治療院では絶対に学べないような、より実践的な実技や知識が学べます。
 実際に患者さんに使える本格的なテクニックを習得するというのは本当に難しいです。
 難しいですが、ここでは矯正や治療法の基本を繰り返し、繰り返し練習するので、日々自分自身が上達していく事が明らかに実感できます。

 また、仕事中も、ただスタッフとして日々の業務をこなすのではなく、 日々、トップ(経営者)としての意識が求められるので「自分の対応が、この患者さんにどんな影響を与えるのだろう…」 「この患者さんは、絶対、僕が元気にしよう!」と、スタッフ一人一人の働きに大きな意志が伴います。
このような事は他の治療院ではほぼ考えられないことではないかと思います。

 一人前の治療家になる事は簡単なことではなく、むしろとても大変です。
 でも、ただなんとなく毎日が過ぎていく会社勤めや、何も学べない治療院で働いていくことに比べれば、 何倍も、何十倍も、充実した濃い人生を過ごしていけると私は思います。

 今では、分院長として治療院を任されていますが、個人の技術の向上ややる気、頑張りが、 役職や評価に直結しているのも、他院や他業種との大きな違いだと思います。

皆様が治っていく姿に喜びを感じ…(山下先生 33歳)

yamashita 私は平成13年にカイロプラクティックの専門学校を卒業し、マサキカイロプラクティックにスタッフとして入りました。
 そこで改めて知識も技術も基礎からしっかりと教えてもらい、3年後の平成16年山下カイロプラクティックの院長となり、今に至ります。
 治療をしていると様々な症状を持つ患者様が来られますが、皆様が治っていく姿に喜びを感じ、皆様の笑顔に支えられる。 大変やりがいのある仕事に就けたと思っています。

 初心者の方は不安な事も多いでしょうが、スタッフ同士で連携し、分りやすく基礎から教えていきますので、 これからカイロプラクティックを自分の職業にしたいと思っている方にはうってつけの職場だと思います。

 もちろん技術を身につけるのは楽なことではありませんが、私達がしっかりサポートしていきますので一緒に頑張ってみませんか!?

社会に必要とされる治療院を目指して…(溝口 正城院長)

m_masaki はじめまして。
 マサキカイロプラクティック院長、溝口正城です。
マサキカイログループは、治療を通して、社会に貢献し、社会に必要とされる治療院を目指しています。
 私達は、プロの治療家としての使命感や誇りを持って、常に勉強し、更なる技術の向上に力を入れています。
 毎週土曜は、分院全部集まり勉強会を行ってます。
夜も、曜日を決めて、練習会をしています。(夜は自主的に)

 みんな早く上手くなって、プロの治療家になり、もっと患者さんに喜んでもらい、必要とされたいのです。
 将来的には、分院長になりたい者、独立したい者、それぞれ自由です。
スタッフみんな一人一人がプロの治療家として、やっていける様に育てていきます。

▲page topへ