ホーム > こんな症状の方に > 頭痛

こんな症状の方に

頭痛(片頭痛・頭が重い)

日本人の4人に1人は頭痛持ちと言われています。

頭痛といっても様々です。

緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などから二日酔いや風邪などからも頭痛が出ます。
さらにこれらが混合する場合もあります。

まずは、どの頭痛が日頃多いのか知ることが大切です!

※緊張型頭痛・・これが一般的な頭痛の症状ですが、一番の原因は、血行不良と言われています。そのため肩コリ・首コリとセットになることが非常に多いのが特徴です。症状としては、頭が重い・ギューッと絞めつけられるような痛みはあるものの、体を動かしても悪化することが少ないのがこの緊張型頭痛です。

※片頭痛・・緊張型頭痛とは違い、生活への影響が大きいのが片頭痛です。片側あるいは、両側のコメカミの血管がズキズキ脈打つように痛み、体を動かすと悪化します。酷い時は、吐き気まであり、市販の薬も効かないことも多いです。また、音や光に敏感になりやすく20~40代の女性に多い事が研究結果で報告されています。片頭痛が起こる前触れとして肩コリや首コリを感じたり、空腹感やあくびが出たりします。

※群発頭痛・・この頭痛が出ると1~2ヶ月の間ほとんど毎日続きます。頭痛は、10~15分の間にどんどん酷くなり1時間くらい続きます。頻度としては、1日1回程度でしばしば睡眠中に起こります。左右の眼の奥に刺すような激しい痛みが出るのが、この群発頭痛の特徴です。飲酒やタバコなどが誘因と考えられていますが、現代医学では、そのメカニズムが明らかになっていない点が多いです。ただ、自律神経を刺激されて起こっていることは確かです。

このように頭痛の改善には、それを引き起こす原因である肩コリを改善するのが不可欠

自律神経も首のズレから不調をきたします。
首や肩の筋肉をゆるめ、背骨や骨盤を矯正することで、
頭痛の改善に繋がります。

◆頭痛で来院された方の喜びの声は⇒こちら

▲page topへ