ホーム > 長野カイロブログ > 博多で熱中症・日射病・熱射病の対策をしたい方へ
2018年07月19日

博多で熱中症・日射病・熱射病の対策をしたい方へ

福岡博多駅前のカイロ整体 長野カイロプラクティックです。

 

梅雨明けしたとたんに、真夏日か猛暑日ばかりですね。

7月でこの状況ですので、8月が恐ろしいです・・

 

この暑さのためニュースでは、熱中症や日射病・熱射病で

病院に救急搬送される方が多く報道されています。

 

不幸にも命を落とされた方もいます・・

 

自分はもちろんですが、大切な方がそのような事にならないためにも

しっかりと熱中症・日射病・熱射病の違いと対策や対処

正しく理解し実行することが重要です。

e11963322a7f43858b6423b8b64184aa_s

まずは、この三つの違いを知りましょう

【熱中症】

屋内・野外を問わず高温や多湿が原因で起きる

めまい・吐き気・頭痛・気分が悪いなどの症状の総称です。

 

【日射病】

日光を直接浴びて日焼けや熱によって熱中症の症状が出ている状態です。

酷くなると意識不明になる場合があります。

 

【熱射病】

高温で多湿の環境で、大量の汗によって

水分や塩分不足を起こし、その結果体温調整が行えなくなり

意識障害になった状態です。

体温調整が出来ないため、体温が40度以上になっています。

 

次に、対策ですが

1.暑さを極力避けること

2.水分補給をこまめに行うこと

3.日光を直接長時間浴びないよう、帽子や日傘を利用する

 

「高温・多湿の環境下で長時間」

 

この条件が揃うと、危険性が高まりますので

注意しましょう。

 

しかし、気を付けていても

めまいや頭痛・吐き気などの症状が出てきたら

すぐに涼しい場所で安静にし

水分補給や多量に汗をかいていた場合は、塩分も摂りましょう。

また、汗が出なく体が熱い場合は

首やワキを濡れタオルで冷やしましょう

 

症状が悪化する前に、病院を受診しましょう。

 

特に子供や高齢者の方は、体力がない方が多いので

早めに受診することをお勧めします。

 

ここまでが、熱中症・日射病・熱射病の対策や対処ですが

そもそも体の機能が正常であれば

熱中症などになるリスクが減ります。

 

しっかり体の機能を正常にコントロールできる体であれば

猛暑にも対応できるケースがほとんどです。

対策をしていても、めまいや頭痛などになってしまった方は

本来の体の機能が低下している可能性があります。

 

「いつも体がだるい」

「暑くても汗があまり出ない」

「いくら寝てもすっきりしない」

「寝付きが悪い」

「病院で自律神経に問題があると言われた」

などの方は、機能が低下している可能性があります。

 

体の機能を正常化させるためには

自律神経のバランスが重要です。

 

長野カイロプラクティックでは、骨格はもちろんですが

自律神経のバランスも同時に調整しています。

 

熱中症の対策は重要ですが

そうならない体に戻すことが、より効果を高めます。

 

今年の夏を健康体で乗り越えたい方は

お気軽にご相談ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
長野カイロプラクティック
http://www.nagano-kairo.com/
住所:福岡市博多区博多駅前3丁目27-18
福岡スタイルビル2F
TEL:092-481-1404
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

▲page topへ